<< 沼南ワインができるまで | main | 備後地方の景勝地・沼隈半島 >>

スポンサーサイト

  • 2016.12.26 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ぶどうの等級・品種

スーパーなどで果物を選ぶさい、箱やラベルに書いてある「赤秀」とか「青秀」などといった言葉の意味、ご存知でしょうか?

この記事では、ぶどうやその他果物の等級についての解説と、ぶどうのおもな品種について掲載していきます。

ぶどうの等級

果物の等級について、国内では一般的に、JA基準により品質の良いものから「赤秀」→「青秀」→「優」→「良」の順に選果されます。選果の基準はおもに外観(粒の大きさや色)ですが、必ずしも外観と味が比例するものではありません。

赤秀 青秀 無印
≪ 赤秀 ≫ ≪ 青秀 ≫ ≪ 無印 ≫

ぶどうの品種

この項では、生食用ぶどうとして代表的なぶどうをご紹介します。

おもな生食用ぶどう
ピオーネ ニューベリーA
ピオーネ ニューベリーA
安芸クイーン 瀬戸ジャイアンツ(桃太郎)
安芸クイーン 瀬戸ジャイアンツ(桃太郎)

※ 上記の4品種については、2007年度夏期も当商店で販売予定です。
※ 本年度夏期の沼隈地区のぶどう収穫量により、販売数は増減します。

その他の代表的なぶどうの品種
  • 甲州
  • 巨峰
  • デラウェア
  • 藤みのり(藤稔)

※ 当商店では、甲州・巨峰・デラウェアに関して、現在取扱いがございません。藤みのりに関しましては、粒が軸から抜けやすく宅配に不向きなため、店頭での販売に限定させていただいております。


スポンサーサイト

  • 2016.12.26 Monday
  • -
  • 20:55
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック